詳細

項 目 内 容
分類 文書群
文書群番号 8101
文書群名 企画展示「皇室と香川県ー大正の大嘗祭と昭和・平成の行幸・行啓」
(令和2年度開催)
史料数 37
解題 ごあいさつ
昨年は5月1日に天皇陛下が即位され、元号は平成から令和へと変わるなど、新しい時代の幕開けの年となりました。令和も2年目を迎えた今年の文書館、夏の企画展は、皇室と香川県のかかわりを、文書館所蔵のアーカイブズからご覧いただきます。
 大正の大嘗祭で主基地方に選ばれた香川県。新穀をはじめとするさまざまな品の献納の為に奔走する県民の姿がありました。
また昭和、平成の時代を通じて、天皇皇后両陛下の行幸啓をはじめとする皇室の方々の香川への来県は、多くの県民にとって皇室を身近に感じるよい機会となりました。
 そうした皇室と香川県のかかわりを伝える資料の数々を紹介します。時代時代の皇室の方々と香川県の姿をご覧いただければ幸いです。

なお、本展示では諡号は原則として用いず、資料の時代に合わせて「天皇」、「皇太子」と表記しています。

大正の大嘗祭と香川県(資料番号1~23)
令和となり、新たな天皇の即位に際して行われた即位礼正殿の儀をはじめとする様々な儀式、その一つが昨年11月に行われた大嘗祭です。
 大正の大嘗祭では新穀と呼ばれる稲を献納する主基地方に香川県が選ばれました。新穀を栽培する主基斎田は綾歌郡山田村の岩瀬辰三郎所有地と決定され、他にも県内各地で庭積机代物などの献納品の支度が整えられるなど、文字通り全県挙げて奔走することとなりました。主基地方となった香川県の様子を資料からご覧いただきます。

香川県への昭和の行幸・行啓(展示資料24~30)
戦後まもなく全国への巡幸が行われ、昭和25年(1950)には香川県への行幸が実現しました。その後も昭和28年と42年の二度にわたり天皇皇后両陛下による香川県への行幸啓が行われたほか、昭和63年の瀬戸大橋の開通式に際してなど、皇太子同妃両殿下による数度の行啓も行われました。当時の記録資料から香川県での行幸・行啓と、歓迎する県民の姿を紹介します。

香川県への平成の行幸・行啓(展示資料31~37)
平成時代の香川県では様々な全国大会が開催され、数度にわたる行幸・行啓などが行われました。特に平成5年(1993)に徳島県と共催で行われた東四国国体では、秋季大会開会式を機に天皇陛下の行幸が行われたほか、夏季大会開会式にご臨席された秋篠宮同妃両殿下など多くの皇室の方々が来県されました。行幸・行啓の記録として、香川県が発行した記念誌から、その様子をご覧ください。
(展示解説パネルより転載)